札幌でも設定6が打ちたい

スロットとお金と幸せとサプライズについて考えて生きるおかぷのブログ

スロットブラックラグーン3がどれほどの無理ゲーか語ります

こんばんは、スパイキーの傑作ブラックラグーンシリーズを産廃にした七匠を許さないおかぷです

 

f:id:okapkun:20171214225810j:image

本日はブラックラグーン3の初打ち感想となります

 

といっても批判しかしないので苦手な方はブラウザバック推奨です

 

とりあえず毒だけ吐いても仕方がないのでまずはよかったところから話します

 


f:id:okapkun:20171214230025j:image


MELL Red fraction (歌詞付き、和訳 ) - YouTube

bigボーナスを揃えるとRed fractionがきけます

 

  

 

 

 

 

 

 

以下改善点をあげていきます

 

ではいきます

 


f:id:okapkun:20171214230608j:image

まず私が実践した台ですが下パネルに設定示唆画面が出現しました

こちらは設定2&4否定です

そしてボーナスの合算は1/210と設定4と5の中間ぐらいの値です

これらの要素から推定設定3or5をうった感想です

 

5.9号機はART中の設定差を設けることが禁止されているので必然的に設定差はボーナス合算やART突入率が大部分を占めます

 

そんな中3万円分打ち込んだ結果

 

big→4スルー

reg→1スルー

CZ→3スルー

合計8スルーでした

 

 

いや、どう勝てと(^ω^#)

 

ちなみに吸い込みに関してはゴルゴ薔薇十字団の陰謀のハマリモードぐらい吸い込みます

 

ブラックラグーン3の最大の無理ゲーポイントはこのARTの敷居の高さです

 


f:id:okapkun:20171214231217j:image

ART突入までのメインルートとしてはレア役から突入するスカルシステムという上記画面のチャンスゾーンのチャンスゾーンを経由します

 

 

これには内部低確と高確があり高確滞在時(バラライカステージ)にスカルシステムをいれると優遇されるよ!という仕組みです

 

そんなこんなでスカルシステムを解除するとブラックラグーンシリーズおなじみのあのCZにいきますが

 


f:id:okapkun:20171214232618j:image 

今回のメイドはマジの無理ゲーです

 

たぶんメインルートは15G間の間にボーナスをねじ込むのが1番現実的だと思います

 

とまぁここまで解説を試みましたがブラックラグーン3の致命的な欠陥として【今何すればいいのかわからない】ということがあげられます

 

設定6でも1/541と破格のARTの腰の重さも合わさり打ってる最中の感想はまさに沼

そのくせ吸い込みだけ一丁前なのでもはや諭吉吸わせりゃ天下無敵のブラックラグーン3です

 

またこれは仕方のないことですが天井やゾーンといったものもないので打ち出しの際には相当な覚悟が必要になるでしょう

 

なにしたらいいのかわかんねぇのにめっさコインは吸い込まれやっとあてたCZのロベルタは歴代最強ときてますから😌

 

 


f:id:okapkun:20171214233346j:image

導入当初スパイキーのシステムを完全に継承したと聞いて非常に楽しみにしていたのにまさかART当てるまですら粘れないとは思いませんでした

 

スペックの劣化は仕方ないにしても一体なぜ演出まで劣化してるのでしょうか

 

あんな下品にいちいち【chance】とか煽らなくても有利区間ランプみれば当たってるのか否かわかるのですからいらんでしょうあれは

 

 

メーカーがどれほどスパイキーのブラックラグーンを打ち込んでこんな広告まで作っているのか知りませんが一言言わせてください

 

 


f:id:okapkun:20171214233752j:image

あんたなんか戻ってこなきゃよかった!!

 

以上です

 

七匠の台はもう打ちません

 

(ง ˘ω˘ )ว